スポンサーサイト

  • 2017.09.05 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    キリスト教のお墓の意義や重要性とデザイン実例

    • 2017.09.05 Tuesday
    • 13:08

     

    キリスト教お墓の意義や重要性とデザイン実例。


    基督教信仰者が墓石を立てるのは、よみがえりの時のために備えるということである。

     

    終末には、あらゆる人間が蘇って、最後のジャッジメントを受ける時が来ると神の御ことばで示されています。

     

    断じて、骨や体と関連がないわけではございません。

    イスラエルにあるオリーブ山には、救い主の再臨を迎える時にすぐに死人の中からよみがえらされて、携挙されて欲しいと、数多くの信仰者が石棺を用意して埋葬して備えています。

     

    このような聖典の復活信条のもとに墓石に骨や遺体を安置しておくということが、基督教にとって墓石の大切な意義です。

     

     

    なぜだか我が国では、キリスト教教徒というのは墓参りをしない親不孝者だというようなバイアスが植え付けられていますが、聖書を信じている人は墓前祈祷をします。

     

     

    スポンサーサイト

    • 2017.09.05 Tuesday
    • 13:08
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする